<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 河清掃活動とナマズ稚魚の放流 | main |

日釣振埼玉県支部の皆さんとオイカワ産卵床を作りました

0

    この度は西日本の豪雨災害にあわれた被災者のみなさまに哀悼の意を表します。

    7月10日火曜日、公益財団法人日本釣振興会埼玉県支部のみなさんとオイカワの産卵床を作りました。場所は入間市を流れる霞川の中神地区で、水量は例年とほぼ変わらず、水温は24度ほどあります。毎年霞川をきれいにする会が主催する小物釣りを体験できる「夏休み水辺の生き物教室」が開催される場所です。

    集合写真人工産卵床は水深20儖焚爾任つ流速が秒速30儖焚爾両貊蠅2か所造成されました。一か所は畳一畳の面積を木枠で囲って川底を耕うんし、大きな石を取り除いてからオイカワが産卵するのに好む大きさが1〜2僂△泙蠅両石(砂利)を厚さ5センチ程度敷き詰めました。もう一か所は半自然の産卵床として、4メートル×6メートルほどの縦長の浅瀬を耕うんして大きな石を止め石として下流に配置しました。

    今回は当漁協の古島組合長をはじめ組合員7名と日本釣振興会から岡田支部長をはじめ7名のみなさんが参加協働し短時間で産卵床を完成させることができました。また地元入間市のNPO法人バーブレスフック普及協会から砂利60キロなど資材の提供と備品の協力がありました。このような漁協と釣り団体が協力して魚を増やす取り組みが増えていくとよいですね。皆様ありがとうございました。(報告=吉田俊彦)

    モーリスチーム 地元企業のモーリスチームも砂利運びに奮闘!
    頑張ってマルキュー 日釣振の岡田支部長自ら木枠の中に砂利を投入しました
    均す 産卵の妨げになる大きな石は出して、丁寧に砂利をならしていきます。
    知来投入 全体が厚さ5儖幣紊砲覆襪茲Δ忘粛を繰り返し投入します。
    完成! 木枠が流されないように止め石をしてこれで完成です!  周りのロープは防鳥テープのために施設しました。   
     完成後産卵床 また一緒に汗をながしましょう。日釣振埼玉県支部のみなさんありがとうございました。(了)
     

     

     

    入間漁業協同組合 * - * 16:03 * - * - * -
    このページの先頭へ